高校生の皆様へ 高校既卒の皆様へ 外国人留学生の皆様へ 企業の皆様へ 卒業生の皆様へ

HOME > 入学案内 > 各種奨学サポート

各種奨学サポート

特待生制度

1年次は特待生入学試験の成績により、2年次は1年次の学業成績などを総合的に評価し、きわめて優秀な学生を特待生に認定し、下表のとおり授業料を減免します。
ただし、特待生認定後、出席や学修態度不良、成績不振等の理由で認定を取り消すことがあります。

特待生区分授業料減免額
第1種特待生80,000円
第2種特待生160,000円
第3種特待生330,000円
第4種特待生660,000円

※特待生は、年度ごとに認定しますので、新入生は入学年度のみの適用となります。

授業料減免制度

家庭の経済的事情により就学が困難な学生に対し、授業料の半額を限度に減免する制度です。
減免額は、書類審査・面談等により学院長が決定します。
適用条件がありますので、ご希望の方はご相談ください。

学費延納制度

1年次後期以降の各期の学費納入について、学費納入額の半額を限度に3ヶ月間延納できる制度です。学費納入期限までに当該納入額の半額以上を納入し、残りを3ヶ月間にわたり分納することができます。ただし、申請時の修学状況により許可しないことがあります。

【学費延納の条件】

  1. 学費延納を願い出る経済的事情があること
  2. 願い出時点で、当該学期の学費の半額以上が納入済みで、教材費などに未納がないこと
  3. 申請時までの通算出席率が90%以上であること
  4. 保証人がいること

奨学金活用学費特別納入制度

2年分の学費を在学中に毎月分割納入する制度です。
日本学生支援機構の予約奨学生(月額8万円以上)を申請予定、または申請中、
又は内定している方が利用できます。
出願時に「奨学金活用学費特別納入制度申請書」を提出していただき、入学手続き時に、
入学金と分割学費(1回目)および「奨学金活用学費特別納入に関わる誓約書」を提出していただきます。

公的学費支援制度・その他の制度

自宅外通学サポート制度…年間24万円補助

自宅からの通学が困難な者が自宅外のアパート等を借りて通学する場合、自宅外通学サポートとして
年間240,000円を補助します。ただし、グローバルITビジネス科は適用対象外です。

横浜で学生生活を送り、そのまま将来は横浜で生活したい、横浜で就職したいと思っている方に、
横浜で無理なく自力で学生生活を送れるように、学生生活をサポートする制度です。

【 学生の1ヶ月の平均生活費 】

本校周辺のアパートを借りて学生生活を送ると、1ヶ月の標準生活費は、114,500円程度といわれます。
内訳は、下図のとおりです。
また、入居時は家賃とは別に礼金として家賃の1ヶ月分を負担するところが多いようです。

学生の1ヶ月の平均生活費

【 自活するための収入 】

アルバイトは、平日3.5時間、土曜日8時間で大丈夫です。
月平均105時間で時給を900円と考えると、月収94,500円。
学校からのサポートが20,000円ですから、支出とピッタリ合います。
日曜日のフリータイムを利用して、学生生活をエンジョイできます。

自活するための収入

学生向けマンション・アパートをお探しの方

学生向けマンション・アパートをお探しの方に対しては、できる限りご希望に添えるようサポートします。

共立メンテナンス

ユニライフ

ナジック

ページの先頭へ戻る