グローバルITビジネス科

ITゲームソフト科 ロボット・IoTソフト科 コミック・CGアニメ映像科 ITライセンス科(通信制)

Department

ITやインターネットに象徴される情報化の進展により、小売企業の多店舗化、ネットワーク化、M&Aはとどまること なく進んでいます。ショップを中核に関連業界を巻き込みながら国内から世界へと、グローバルに流通のネットワーク化・ システム化が進められています。
そこでは、ITビジネスに係る知識や技術を身につけたグローバルな人材の活躍の場が限りなく広がっています。しかし、 留学生の皆さんは、様々なビジネススキルを身につける前に、まず日本語が円滑に使えるようになることが大切です。 円滑に使えるようになるということは単語や文法を覚えることだけでなく、文化や歴史を知ることも大切です。その上で、 グローバルITビジネスに必要な知識や技術を身につけられるのが、グローバルITビジネス科です。

ページTOPへ

HOME

もどる



Educator Voice

まず、読み書き話すことができるようになることから、日本の文化、歴史などを多面的に学び日本語力を磨いてゆきます。 言葉こそがその国の人々のものの考え方、感じ方を知ることにつながるからです。
同時に、新たなマーケットやビジネスを生み出してゆくための知識やショップビジネスの実態や傾向、ショップビジネスの しくみ、リアルショップやネットショップに企画から運営にいたる基礎知識、パソコンやクラウドサービスの活用、 ショップ運営などのスキルを身につけることにより、新しいグローバルITビジネスを創造・展開できるようになります。 すべては「興味」から始まります。

ページTOPへ

HOME

もどる



キャンパスライフ Campus Life

楽しい授業だから続けられる

授業が楽しいから、
自然と技術が身についてゆきます。

覚える授業
←覚える授業
実習では最初の難関ローマ字入力があります。“でも安心してください!!”一人ひとりに対応して身につくまで指導します。
創作する授業
←創作する授業
ホームページ制作では、写真撮影から取材、制作まで一貫して実習するので、自分だけの作品を制作でき、つい授業にのめりこんでしまいます。
日本の文化に触れる

日本の文化も勉強します。
実際に体験するので、楽しいです。

陶芸教室を体験
←陶芸教室を体験
陶芸体験の事前学習では、日本の伝統工芸について学びます。楽しみながら日本文化を体験することができます。
削り節体験
←削り節体験(味の素)
日本を代表する食品会社の工場見学することで、日本のものづくりについて学習しました。原料や製造工程など映像を交えて説明を聴き、味噌汁を飲み比べて「うま味」を実感しました。
放課後もきめ細やかな指導

放課後も補習や講座があります。
先生がやさしくに指導してくれます。

コンテスト発表準備
←コンテスト発表準備
スピーチコンテストをはじめ各種コンテストに参加しますが、放課後はその準備や指導を担当教師が親身に行います。
メイキング講座
←メイキング講座
女子学生に対する就職活動で活かせるメイクを指導します。受講生も真剣に取り組んでいます。
課外活動も充実

クォータ-ごとのレクリエーション!
みんなと仲良くなれます。

BBQ親睦会
←新入生歓迎バーベキュー親睦会
新入生歓迎バーベキュー親睦会では、新しいクラスメイトと親睦を深めます。すぐに打ち解けて仲良くなれます。
新江ノ島水族館
←新江ノ島水族館へ素材集め
ホームページ制作の授業で使用する素材集めと取材のため行きました。この活動を通して仲間との交流もでき、絆がより深まります。

留学生の一日

お散歩や買い物でリフレッシュ!

~アルバイトは、週25時間(月収約10万円)~

留学生の一日1
本国からの援助は学費だけです。アパートは友達と一緒に住んでいるので、だいたい電気代などを含めて3万円くらいです。 食費はお菓子代を入れても3万円で済み、スマホ代と通学の電車代は合計1.5万円なので、アルバイトでもらうお金で十分 です。
たまにお友達と買い物をしたり食事をするので貯金はできません。でも、時間にゆとりがあるので満足してます。
日本語の勉強を兼ねてアルバイト!

~アルバイトは、週8時間(月収約3万円)~

留学生の一日2
本国からの援助は学費だけです。アパートは友達と一緒に住んでいるので、だいたい電気代などを含めて3万円くらいです。 食費はお菓子代を入れても3万円で済み、スマホ代と通学の電車代は合計1.5万円なので、アルバイトでもらうお金で十分 です。
たまにお友達と買い物をしたり食事をするので貯金はできません。でも、時間にゆとりがあるので満足してます。
寝不足もなく毎日スッキリ!

~アルバイトは、週24時間(月収約11万円)~

留学生の一日3
本国からの援助は学費だけです。アパートは友達と一緒に住んでいるので、だいたい電気代などを含めて3万円くらいです。 食費はお菓子代を入れても3万円で済み、スマホ代と通学の電車代は合計1.5万円なので、アルバイトでもらうお金で十分 です。
たまにお友達と買い物をしたり食事をするので貯金はできません。でも、時間にゆとりがあるので満足してます。
最初はつらかったけど今は大丈夫!

~アルバイトは、週28時間(月収約16万円)~

留学生の一日4
本国からの援助は学費だけです。アパートは友達と一緒に住んでいるので、だいたい電気代などを含めて3万円くらいです。 食費はお菓子代を入れても3万円で済み、スマホ代と通学の電車代は合計1.5万円なので、アルバイトでもらうお金で十分 です。
たまにお友達と買い物をしたり食事をするので貯金はできません。でも、時間にゆとりがあるので満足してます。

ページTOPへ

HOME

もどる



カリキュラム Curriculum

1年次の学び

ITリテラシーをはじめ、ビジュアル表現や情報セキュリティ、ビジネスマナーなどグローバルIT ビジネス人材として必要な知識を学修します。また日本で仕事をしてゆく上で大切な日本語は「JLPT日本語能力試験」 のN1を目標に実際に使えるところまで日本語を磨きます。日本文化理解では、日本の歴史、観光資源、日本人の考え方、物 の見方などを学修します。言葉は文化を生み出し、文化は言葉を育ててゆきます。また、名勝・史跡などを見学し、報告書 としてまとめたり、プレゼンテーションを行ったりします。こうした経験はあなたの将来に必ず役立つでしょう。また、小 売業界事例、ネットショップなど、グローバルITビジネスの基礎等を学修します。

1年次の主な科目

日本語能力 日本語能力試験合格をめざし、ロールプレイなどを通して日本語を理解します。
日本文化理解 日本の文化・歴史・慣習を通して日本社会を理解し、日本語をより深く学びます。
ビジネス日本語能力 日本の企業で必要なビジネス日本語を学修します。
ビジネスマナー 日本のビジネス環境において円滑なコミュニケーションが図れるようになります。

2年次の学び

ネットショップ実践、ビッグデータ分析、Web活用等を学修して、選択科目群から希望する科目を 選択し、より実践的な知識や技術を学修します。選択科目には、「販売士関連科目群」「プログラミング科目群」「大学編入 学科目群」があります。
リアルショップやネットショップ運営をめざす人も、プログラム開発に携わりたい人も、大学に編入したい人も、希望実現に 向かって集中的に学修できます。
これらの学びを通して、グローバルITビジネスの世界で活躍できる人材に成長してゆくことができます。

2年次の主な科目

ストアオペレーション 店舗運営に必要なスタッフ配置などの作業技術を理解します。
マーケティング 商品が計画通り販売できるように市場調査・販売・宣伝などの技術を学びます。
グローバルITビジネス ネットショップサイトなどのWebシステムの活用法を理解します。
Webプログラミング ネットショップサイトの構築に係るプログラムの基礎から実践までを修得します。

目  標

資格

  • ◇日本語能力試験
  • ◇サービス接遇検定
  • ◇カラーコーディネーター検定
  • ◇ネットショップ実務士
  • ◇リテールマーケティング検定(販売士検定)
  • ◇Javaプログラミング能力認定試験

コンテスト

  • ◇留学生日本語スピーチコンテスト
  • ◇学生ITコンテスト
  • ◇ビジネスプロデュースコンペティション

将  来

  • ◇リアルショップスタッフ
  • ◇ネットショップスタッフ
  • ◇オフィススタッフ
  • ◇業務プログラマ
  • ◇システム運用スタッフ

ページTOPへ

HOME

もどる



入学に関する概要

グローバルITビジネス科の募集概要

修業年限・募集定員

クラス授業時間募集定員
ITビジネスクラス 午前 9:00~12:10 各60名
午後 12:55~16:05
ITソフトクラス 午前 9:00~12:10 各60名
午後 12:55~16:05

注 他学科の募集内容は、各学科のページを参照してください。

入学資格

次の1~4をすべて満たしている方
 1.学歴に関して次のいずれか
 12年の学校教育の課程を修了した方
 日本の高等学校で1年以上の教育を受け、卒業(卒業見込を含む)した方
 2.日本語能力に関して次のいずれか
 日本語学校等で6か月以上の日本語教育を受けた方
 日本語能力試験のN2以上に合格している方
 日本留学試験で「読解・聴解・聴読解」の合計が200点以上の方
 3.国民健康保険に加入している方
 4.入学時に満18歳以上の方


入学方法のご案内

グローバルITビジネス科は、次の入学方法があります。出願資格等を確認し、ご自身が最適と思われる入学方法をお選びください。なお、入学に関する詳細は、外国人留学生入学案内をご覧ください。また、入学に関するご相談は教育広報推進室で随時受付けていますので、ご利用ください。

指定校推薦入学

 出願資格:日本語学校等に在学中で2018年3月卒業見込の方
 在学中の通算出席率が90%以上の方
 学校長の推薦が受けられる方
 特  典:入学選考料(15,000円)免除、入学金(70,000円)減免
 選考方法:書類選考、筆記試験、面接

学校推薦入学

 出願資格:日本語学校等に在学中で2018年3月卒業見込の方
 在学中の通算出席率が80%以上の方
 指導教員の推薦が受けられる方
 特  典:入学選考料(15,000円)免除、入学金(50,000円)減免
 選考方法:書類選考、筆記試験、面接

外国人特待生入学

 出願資格:2018年3月卒業見込の者で、日本語力について次のいずれかを満たす者
 日本語能力試験N1に合格している者
 日本留学試験において、日本語読解、聴解及び聴読解の合計が260点以上の者
 特  典:入学金(50,000円)減免、授業料130,000円減免
 ※授業料減免は入学年度のみ適用します。
 選考方法:書類選考、作文、面接

紹介入学

 出願資格:本校卒業生または在校生の紹介が受けられる方
 特  典:入学金減免
 選考方法:書類選考、筆記試験、面接

一般入学

 出願資格:入学資格を満たしている方
 選考方法:書類選考、筆記試験、面接
 
注 外国人特待生入学、紹介入学、一般入学の入学選考料は、15,000円です。

出願~入学許可の流れ

出願書類受付期間
平成29年9月1日(土)~平成30年3月23日(金)

出  願
出願書類を持参または郵送してください。

書類選考
出願日より3日以内に結果をお知らせします。

筆記試験
4日以内に結果をお知らせします。

最終選考(面接)結果
1週間以内に結果をお知らせします。
合格者には「入学手続のご案内」を送付します。

入学手続
3週間以内に入学手続を完了してください。

入学許可
1週間以内に「入学許可証」を送付します。

学費等の納入金について

学 費: 学費年額  650,000円
 (前期学費360,000円)
 (後期学費290,000円)

入学金:120,000円(入学時)
 ※入学方法により減免があります。

その他: 学生諸費 12,000円(年額)
 卒業諸費 11,000円(2年次後期)
 教材費等 30,000円(年額概算)

出願書類

1.入学願書(本校所定用紙)
 日本語で記入し、3か月以内に撮影した写真(3cm×4cm)を貼付してください。

2.履歴書(本校所定用紙)
 日本語で記入してください。

3.最終学歴の卒業証明書
 卒業証書のコピーでも結構です。

4.最終学歴の卒業証明書(日本語訳)
 上記「3.」を日本語に訳したものを添付してください。

5.成績証明書・出席証明書
 日本の高等学校を卒業(見込)の方は「調査書」となります。

6.旅券(passport)のコピー
 以下のページをコピーしてください。
①顔写真および番号記載のページ
②署名のあるページ

7.在留カードのコピー
 カードの表裏両面をコピーしてください。

8.国民健康保険加入者証のコピー
 有効期限内のものをコピーしてください。

9.指定校推薦書/学校推薦書/紹介状
 該当するものを提出してください。(入学方法が一般入学以外の方)

注 面接時に6~8および預金通帳を提示していただきます。
注 詳しくは募集要項(外国人留学生)をご覧ください。

奨学サポート

1.特待生制度
 1年次在学中に日本語能力試験N1に合格した者で、学業成績や修学状況が極めて優秀な者を特待生として認定し、奨学金を給付する制度です。

2.学費延納制度
 1年次後期以降の各期の学費納入について、経済的に学費の納付が困難な者に学費納入額の半額を限度にを3か月間延納できる制度です。出席率など申請時の修学状況を加味して許可します。

ページTOPへ

HOME

もどる



学校見学について

本校では、学校見学、学校説明、入学相談を随時に実施しています。
実施日時:月~金曜日(祝祭日は除く)、8:45~17:30
     ●学校見学:20分程度
     ●学校説明:40分程度
     ●入学相談:30分程度
     上記以外の場合は、ご相談ください。

下記「学校見学を予約する」から、次の項目を入力してお申し込みください。
・お問い合わせの種類:学校見学について
・お問い合わせの内容:希望日時及び参加人数

ページTOPへ

HOME

もどる