横浜システム工学院専門学校

ロボット・IoTソフト科

IT・ゲームソフト科 コミック・CGアニメ映像科 グローバルITビジネス科 ITライセンス科(通信制)

Department

これからのロボットはビッグデータとして蓄えられたデータをAI(人工知能)を使って知識や経験として利用します。IoT化された高度情報化社会では、ロボットたちと人間が安全で安心できるシステムが必要になりますが、それを実現するのはソフトウェアです。
ロボット・IoTソフト科は、すべてのモノがインターネットにつながる現実の世界で、ロボットと共生を実現するソフトウェアを開発できる人材を育成する学科です。

ページTOPへ

HOME

もどる



Educator Voice

IoT、AI、ロボットなど、ニュースやコマーシャルで新しい言葉がどんどん出てきます。ロボットでもIoTでもプログラムでも、技術には変化のめまぐるしい部分と基本的で変わらない部分とがあり、この押さえるべき基本をしっかりと押さえておけば、あとは恐れることはありません。
ロボット・IoTソフト科はそんな基本をしっかりと押さえた学びをし、その上で時代の流れをしっかりと把握してゆきます。学内にとどまらず、産学連携や学外のイベントやコンテストも教育に利用しています。基本を押さえたうえでめまぐるしい変化を一緒に楽しみましょう。

ページTOPへ

HOME

もどる



キャンパスライフ Campus Life

コンテストで大活躍!

全国専門学校競技会などで優勝、入賞を多数獲得し、
YSEの名前を全国的なものにしています。

スチールファイト団体優勝
←7年間で5回の団体優勝
第25回全国専門学校ロボット競技会で団体優勝しました。これは、最近7年間で5回目の優勝と、他校を圧倒する強さです。
企業訪問
←企業訪問(株式会社日本テクノス)
卒業生の研修報告や職場での仕事の話もあり、働くことが身近に感じられました。
プレゼンテーション

卒業制作やコンテストでは、
プレゼンを行うことが多くあります。

学科間交流発表会
←学科間交流発表会
卒業制作の過程で、
クォータ毎に進捗状況を発表します。
YSEフェスタで成果発表
←YSEフェスタで成果発表
YSEフェスタでのコンテストの成果発表も大切な活動テーマです。より良い成果を発表できるよう毎日頑張っています。
放課後もきめ細やかな指導

放課後も補習や講座があります。
先生がやさしく指導してくれます。

国家試験対策講座
←国家試験対策講座
国家試験合格を目指し、放課後も熱心な指導が行われ、受講生も真剣そのものです。
競技会準備
←競技会準備
ロボコンで優勝するためには徹夜の調整が必要になります。そんな時も先生が丁寧に指導してくれるので安心です。
課外活動・修学旅行

クォータ-ごとのレクリエーション!
みんなと仲良くなれます。

スポーツ大会
←スポーツ大会
他学科と合同のスポーツ大会です。学科の枠を越えて、ともに汗をかきます。
修学旅行
←修学旅行
平成28年度は、南紀・熊野古道・伊勢神宮でした。世界遺産の熊野古道をみんなで歩きました。

ページTOPへ

HOME

もどる



カリキュラム Curriculum

1年次の学び

ITの基礎からシステム開発まで、さらにデータベースやネットワーク、プログラミングについて学びます。
後半ではゲームやロボットについても学びます。あわせて社会人になる準備として早いうちからビジネスマナーや職業について学びます。

1年次の主な科目

ロボット基礎 ロボットに必要な要素は何でしょうか。簡単なロボットを製作します。
ロボット研究 コミュニケーションロボットとは何でしょうか。例えばPepperとは何でしょうか。
インタフェースデザイン モノやロボットとコミュニケーションする方法を学びます。

2年次の学び

学んだことを使いこなせるように、ロボットやコンテストなどをテーマに実践的に学びます。そのためにチーム学習やプロジェクト学習をしてゆきます。学外のコンテストや発表会にも出場して、積極的に取り組むことで仕事で使える職業実践力を身につけます。

2年次の主な科目

ロボット製作 目的に応じたロボットを企画・製作・テスト・活用します。
ロボットソフト制作 ロボットをコントロールするソフトウェアを企画・設計・実装・テスト・運用します。
ロボットプログラミング ロボットを動かすプログラムにはさまざまなものがあり、特徴に応じて使い分けます。
ロボコンチャレンジ 専門学校の全国大会で優勝をめざすロボコンチームプロジェクトです。
ロボット遠隔操作基礎 ロボットを遠隔操作する仕組みと方法を学んで、コントロールシステムを実際に作成します。

目  標

資格

  • ◇ITパスポート試験
  • ◇基本情報技術者試験
  • ◇情報セキュリティマネジメント試験
  • ◇Javaプログラミング能力認定試験
  • ◇Cプログラミング能力認定試験

コンテスト

  • ◇全国専門学校ロボット競技会

将  来

  • ◇IT系プログラマ
  • ◇Web系プログラマ
  • ◇組込み系プログラマ
  • ◇サービスエンジニア
  • ◇システムエンジニア

ページTOPへ

HOME

もどる



入学に関する概要

ロボット・IoTソフト科の募集概要

修業年限・募集定員

募集学科 修業年限等 募集定員
ロボット・IoTソフト科 全日制/2年
月~金
9:00~16:05
20名

入学資格

次の条件のいずれかを満たしている者
1. 高等学校、又はこれに準ずる学校を卒業した者(平成30年3月卒業見込みの者を含む)
2. 外国において、学校教育における12年の課程を修了した者
3. 文部科学大臣が行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者
4. 修業年限が3年の専修学校の高等課程を卒業した者(平成30年3月卒業見込みの者を含む)

外国人留学生の入学資格

次の1~4をすべて満たしている方
 1.学歴に関して次のいずれか
 12年の学校教育の課程を修了した方
 日本の高等学校で1年以上の教育を受け、卒業(卒業見込を含む)した方
 2.日本語能力に関して次のいずれか
 日本語学校等で6か月以上の日本語教育を受けた方
 日本語能力試験のN2以上に合格している方
 日本留学試験で「読解・聴解・聴読解」の合計が200点以上の方
 3.国民健康保険に加入している方
 4.入学時に満18歳以上の方


入学方法のご案内

ロボット・IoTソフト科は、次の入学方法があります。出願資格等を確認し、ご自身が最適と思われる入学方法をお選びください。なお、入学に関する詳細は、入学案内を、外国人留学生の方は、外国人留学生入学案内ご覧ください。また、入学に関するご相談は教育広報推進室で随時受付けていますので、ご利用ください。


指定校推薦入学

1.出願資格

高等学校を平成30年3月卒業見込の者で、評定平均値が3.0以上であり、学校長の推薦を受けられる者


2.特典  

入学選考料免除
入学金 130,000円減免

3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
指定校推薦書(本校所定)
調査書

4.選考方法

書類・面接




学校推薦入学

1.出願資格

高等学校を平成30年3月卒業見込、又は平成29年3月卒業の者で、学校長の推薦を受けられる者


2.特典  

入学選考料免除
入学金 80,000円減免

3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
学校推薦書(本校所定)
調査書(高等学校を平成30年3月卒業見込の者)
卒業証明書、又は卒業証書のコピー(高校既卒の者)

4.選考方法

書類・面接




AO入学/AO入学エントリー

1.出願資格

  • AO入学エントリーを行い、AO入学資格認定書を交付された者
  • ※AO入学は、「AO入学エントリー」が必要です。

2.特典

入学選考料免除
入学金 70,000円減免

3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
AO入学資格認定書(本校所定)
調査書(高等学校を平成30年3月卒業見込の者)
卒業証明書、又は卒業証書のコピー(高校既卒の者)

4.選考方法

書類


5.AO入学エントリー<受付期間・面談日>

AO入学エントリーは、「AO入学エントリーシート」を提出するか、又は本校ホームページから エントリーできます。エントリーには入学願書や調査書は必要ありません。
受付期間 面談日
1期 6月1日(水)~6月16日(金) 6月24日(土)
2期 6月17日(土)~6月30日(金) 7月8日(土)
3期 7月1日(土)~7月31日(月) 8月5日(土)
4期 8月1日(火)~8月31日(木) 9月2日(土)
以降 ※9月以降は、随時に受付及び面談を実施します。

6.AO入学エントリー<認定書交付>

面談後、認定者には「AO入学資格認定書」を1週間以内に郵送します。




一般特待生入学

一般特待生試験に合格した者には、入学金減免に加え、一般特待生試験の成績に応じて授業料を減免します。


1.出願資格

高等学校を平成30年3月卒業見込の者


2.特典

  • ①入学金 130,000円減免
  • ②授業料より次の額を減免
    • 第1種:380,000円
    • 第2種:210,000円
    • 第3種:130,000円
    • 第4種:  50,000円
    • ※授業料減免は入学年度のみ適用します。

3.出願書類

  • ①入学願書(本校所定・写真貼付)
  • ②特待生申込書(本校所定)
  • ③調査書

4.特待生試験日時

  • 第1回:平成29年10月14日(土)
  • 第2回:平成29年11月  4日(土)
  • 第3回:平成29年12月  9日(土)
  • 第4回:平成30年  1月20日(土)
  • ※平成30年2月以降は、随時行います。
  • 試験時間 10:00~12:00

5.選考方法

書類・一般常識試験・学科試験・作文・面接
 ※学科試験免除制度あります。




資格特待生入学

資格特待生試験に合格した者には、入学金減免に加え、資格の難易度に応じて授業料を減免します。


1.出願資格

  • 高等学校を平成30年3月卒業見込の者で、本校指定の資格を有する者
    • 第1種:基本情報技術者試験合格
    • 第2種:情報セキュリティマネジメント試験合格
    • 第3種:ITパスポート試験合格

2.特典

  • ①入学金 130,000円減免
  • ②授業料より次の額を減免
    • 第1種:660,000円(授業料全額免除)
    • 第2種:380,000円
    • 第3種:210,000円
    • ※授業料減免は入学年度のみ適用します。

3.出願書類

  • ①入学願書(本校所定・写真貼付)
  • ②特待生申込書(本校所定)
  • ③調査書
  • ④資格試験合格証のコピー

4.特待生試験日時

  • 第1回:平成29年10月14日(土)
  • 第2回:平成29年11月  4日(土)
  • 第3回:平成29年12月  9日(土)
  • 第4回:平成30年  1月20日(土)
  • ※平成30年2月以降は、随時行います。
  • 試験時間 10:00~12:00

5.選考方法

書類・一般常識試験・作文・面接




家族紹介入学

1.出願資格

家族が在校生、又は卒業生の者


2.特典

入学金免除


3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
紹介状(本校所定)
調査書(高等学校を平成30年3月卒業見込の者)
卒業証明書、又は卒業証書のコピー(高校既卒の者)

4.選考方法

書類・面接




一般紹介入学

1.出願資格

本校の在校生、又は卒業生の紹介を受けられる者


2.特典

入学金 50,000円減免


3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
紹介状(本校所定)
調査書(高等学校を平成30年3月卒業見込の者)
卒業証明書、又は卒業証書のコピー(高校既卒の者)

4.選考方法

書類・面接




大学卒特別入学

1.出願資格

大学を卒業した者、又は平成30年3月卒業見込の者


2.特典

  • ①入学金 130,000円減免
  • ②授業料 100,000円減免

3.出願書類

  • ①入学願書(本校所定・写真貼付)
  • ②卒業見込証明書(平成30年3月卒業見込の者)
  • ③卒業証明書又は卒業証書のコピー(既卒の者)
  • ④自己推薦書

4.選考方法

書類・作文・面接




自己推薦入学

1.出願資格

短大・高専・専門学校のいずれかを卒業、又は平成30年3月卒業見込の者
大学・短大・高専・専門学校に1年以上在籍実績がある者
高等学校卒業後、1年以上就労実績がある者

2.特典

入学金 70,000円減免


3.出願書類

入学願書(本校所定・写真貼付)
卒業見込証明書(平成30年3月卒業見込の者)
卒業証明書又は卒業証書のコピー(既卒の者)
在籍期間証明書などの在籍実績のわかる書類、又は就労の実績がわかる書類
自己推薦書

4.選考方法

書類・作文・面接




一般入学

1.出願資格

本校の入学資格があり、上記の入学方法を利用しない者


2.出願書類

  • ①入学願書(本校所定・写真貼付)
  • ②卒業見込証明書(平成30年3月卒業見込の者)
  • ③卒業証明書又は卒業証書のコピー(既卒の者)

3.選考方法

書類・作文・面接




出願~入学許可の流れ

出願書類受付期間
高校既卒者:平成29年9月1日(土)~平成30年3月23日(金)
高校新卒者:平成29年10月1日(日)~平成30年3月23日(金)

出  願

出願書類を持参または郵送してください。

選考日時のお知らせ

出願書類を確認し、1週間以内に選考日時をお知らせします。

選考試験

選考日時に所定の選考を行います。
入学方法により選考方法が異なります。

選考結果

1週間以内に選考結果を本人宛にお知らせします。
合格者には、合格通知書入学手続のご案内を送付します。

入学手続

合格通知書発行日より3週間以内に入学手続をしてください。
詳細は、入学手続のご案内でお知らせします。

入学許可

入学手続きが完了した者には、
入学許可証を簡易書留で1週間以内に郵送します。


学費等の納入金について

学 費:学費年額  900,000円
 (前期学費510,000円)
 (後期学費390,000円)

入学金:180,000円(入学時)
 ※入学方法により免除、減免があります。

その他:学生諸費 12,000円(年額)
 卒業諸費 15,000円(2年次後期)
 ※外国人留学生は、11,000円です。
 教材費等 30,000円(年額概算)
 修学旅行積立金 60,000円(分割納入)

各種奨学サポート

1.IT女子特別奨学制度
 IT分野のスペシャリストをめざす工業専門課程の女子学生に対して、2年間にわたり各学年ごとに特別奨学金を給付する制度です。

2.自宅外通学サポート制度
 自宅からの通学が困難な者が、自宅外のアパート等を賃借し、そこから通学する場合に賃借代補助金を給付する制度です。
※外国人留学生は、あらかじめ授業料から減免します。

3.特待生制度
 1年次在学中の学業成績、学修態度などを総合的に評価し、きわめて優秀な者を特待生として認定し、奨学金を給付する制度です。

4.授業料減免制度 ※日本人学生のみ
 家庭の経済的事情により就学が困難な学生で、学業成績や課外活動などの面で学校長の推薦が受けられる者に対して、授業料を減免する制度です。減免額は、書類審査・一般常識試験・作文・面談等により決定します。

5.学費延納制度
 1年次後期以降の各期の学費納入について、経済的に学費の納付が困難な者に学費納入額の半額を限度にを3か月間延納できる制度です。出席率など申請時の修学状況を加味して許可します。

6.奨学金活用学費特別納入制度 ※日本人学生のみ
 2年間の学費を在学中に毎月分割納入できる制度です。
日本学生支援機構の予約奨学生(月額80,000円以上)を申請予定、又は申請中、又は内定している者が利用できます。

ページTOPへ

HOME

もどる



体験入学へゆこう!

ロボット体験
ロボット制御体験

ロボットを制御するプログラムを作ろう!

プログラムは作ることで分かりやすく学べます。この体験ではロボットソフトを作ることを通してプログラムを学びます。一番学んでほしいのはロボットをソフトで操る楽しさです。
組込みプログラミング体験
LED制御プログラム

LEDを制御するプログラムを作ろう!

街を彩るイルミネーション。この体験ではそんなイルミネーションの仕組みをLEDを制御するプログラムを作りながら学びます。自分だけのイルミネーションも作れます。

ページTOPへ

HOME

もどる